お葬式マニュアル

HOME > お葬式マニュアル > 法要・法事・おつきあいの流れ

法要・法事・おつきあいの流れ

1.臨終直後

隣近所への挨拶
葬儀の間、迷惑をかけたり、お世話になった近所の方へご挨拶をします。場合によっては、簡単な品物や菓子折りなどを持参して、感謝の気持ちを表しましょう。
【お手伝いくださった方へ】 葬儀の世話役代表や係り等を務めてくださった方へは直接訪問をして御礼を。交通費等で出費をしていただいた方へはお礼金を包んでも。

2.支払いや返却

病院への支払い
医療費の支払いは死亡診断書をもらいに行くときか、遅くとも葬儀の翌日には済ませるようにしましょう。
特に心付けという物は不要ですが、入院期間や状況によっては菓子折り程度のものを用意しても。
近所への支払い
ご近所の酒屋等へは、請求書が届いたら内容を確認して行います。
葬儀費用の支払い
葬儀費用は相続税の控除対象となります。領収書は保管しておきます。

3.勤務先の整理等

できるだけ早い時期に、あいさつ回りも兼ねて故人の勤務先を訪ね、私物を整理しましょう。

4.遺品整理

保存したほうがよい遺品はメモ・日記・手紙などです。あとで必要となることもあります。
仕事関係や税金の関係も考慮し、5年間は保存します。

5.形見分け

原則的には遺族で、四十九日のときなどに行います。
形見分けする品物は、洋服・和服・時計等貴金属品・愛蔵書等です。
一般的に故人が親しくしていたとしても、目上の方には差し上げません。

6.忌明け法要の準備

僧侶・場所などの手配を行います
  • 僧侶と日時・場所等の打ち合わせ
  • 来ていただきやすい日を設定し、招待者を確定
  • 法要と会食場所を設定し案内状の送付
  • 用意するものの確認・手配、出席者の確認

7.位牌・仏壇の準備

忌明けまでに本位牌を準備します。
仏壇も出来れば法要までに購入し、その後開眼供養を行う場合もございます。

8.お香典返し

忌明けを迎えたら挨拶状とともにお香典返しを行うのが一般的です。
【金額の目安は、半返し】
一般的にお香典返しは「半返し」といい、いただいたお香典の半額くらいの品物を選ぶことが目安となっています。

9.納骨の準備

一般的には、忌明けの七七日忌の法要と併せて、納骨を行うことが多いとされていますが、新たにお墓を準備する場合、墓石の建立には1~2ヶ月を要します。
日を改め、後日の納骨をご検討の場合には、忌明け、百か日、一周忌、三回忌などの年忌や、春秋のお彼岸やお盆に合わせて準備されると良いでしょう。
尚、神道・キリスト教の場合は、五十日祭。百日祭が納骨の時期とされていますが、この場合にも遠方の親戚の都合や諸事情を考慮し、必ずしもその日に行う必要はありません。

10.忌明け法要

法要の流れ
特に決まりはありませんが、次のような流れのことが多いようです。
  1. 施主の挨拶
  2. 読経
  3. 焼香
  4. 法話
  5. 墓参り
  6. 会食
法要の服装は
一周忌までは正式な喪服が好ましいです。
会食の席次は
最上席は僧侶に座っていただきます。
親戚・故人と親しかった順に並び、施主及び家族は末席に座ります。

11.お彼岸

お彼岸の供養は特に決まりはありません。
仏壇・仏具をきれいに清め、花や供え物をしたり、家族でお墓参りをしましょう。

12.新盆(初盆)とは

7月13日から16日(または8月)に、祖先の霊を迎える行事。
故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を新盆(初盆)と呼び、普段より丁寧な供養をします。

13.喪中はがきの準備

服喪中は年賀状を出さないのが一般的です。 その場合は、11月下旬から12月初旬までに年賀の欠礼はがきを出します。

14.一周忌法要の準備

忌明け法要と同様に日時を決め、招待客・場所を決め案内状の手配等をします。

  • お葬式マニュアル
  • 位牌・仏壇・墓石
  • 家族の想い 結
  • 横須賀冠婚葬祭互助会
  • 葬儀の心

24時間365日
無料相談

LINEで
無料相談