お客様の声

HOME > お客様の声 > プラザヨコスカ中央本社斎場 > 喪主の気持ちを汲み、それを自らの使命として葬儀を創っていただけたと思います

喪主の気持ちを汲み、それを自らの使命として葬儀を創っていただけたと思います東京都町田市 O様 プラザヨコスカ中央本社斎場

プラザヨコスカ中央本社斎場について
快適な空間でした。泊まることができて故人とのお別れもゆっくりできました。
食事関係について
・持ち帰り弁当のバリエーションが少ない。
・子供、老人対応して欲しい。
葬儀全般について
家族葬で母の葬儀を出しました。
新型コロナ第二波真っ盛りの中でしたから、一時は葬儀自体を取りやめようと考えましたが、故人の息子家族と孫家族だけなら何とか乗り切れると考え、私が喪主となり実施することといたしました。
実施するとなると、生前お世話になった親族から何としても参列したいとの断り切れない依頼も入り、当初の予定者+5名で実施することとなりました。
ところが加わった5名が、感染すると死亡率の高い後期高齢者であり、徹底した感染症対策を葬儀社の西村の協力のもと行うことといたしました。
率直に言えば、私の見立てでは、葬儀社側の感染症対策は、当初さほど頼れるものではありませんでした。
まあ、葬儀の依頼者側の感染拡大防止に対する危機意識は様々であり、ニーズも様々なため、葬儀社側の対応も難しいのでしょう。
でも、このようなご時世ですから、オンラインで葬儀に参列できるプランくらいは期待していたのですが、そのようなプランはなく、葬儀の打ち合わせと称して、通気の確保できないエアコンの効いた部屋に案内され、湯飲みでお茶まで出され、マスクはしていたものの、社会距離の保てない応接セットに座らされ、1時間以上も話し合いをすることになった時には、会社の感染症対策に大いに疑問を持ちました、
喪主側として、①最上の換気ルートの確保②スタッフと読経僧侶のマスクとフェイスシールドの着用③通気の悪い親族控室の閉鎖④一般控室における飲食の自粛と備え付け冷蔵庫内のビール等飲み物の取り出し禁止⑤備え付けられた給茶器マシン周辺での各人操作によるその場での茶のサーブ⑥参列予定者以外の当日飛込参列者へのお断り対応⑦通夜後の飲食の取りため⑧出棺時の喪主あいさつの取りやめとそれに代わるあいさつ文黙読時間の確保⑨昼食時間帯にかかkる火葬場控室での精進落としの対面とならない座席配置や換気ルートの確保・アルコールの提供中止と茶器類の撤去・蓋のあるペットボトルのお茶の用意・料理にかけてあるラップの各人による取り外し などをお願いしたところ、快く依頼に応じ協力をしてくださいました。
葬儀という人生の一大イベントにおいて葬儀依頼者のニーズも様々なせいか、「入り口で検温をします」程度の最小限な通り一遍の提案を除いて、葬儀社から感染症防止に対する積極的な
提案があったわけではありませんが、お願いしたことはしっかりと気持ちよくやっていただけたと思います。
「この葬儀からクラスターを発生させるわけにはいかない」「参列する高齢者の生命をしっかり守る」といった喪主の気持ちを汲み、それを自らの使命として葬儀を創っていただけたと思います。
葬儀当日、飛び込みで焼香に来てくれた人が数組いました。通夜の始まる数分前のことであり、想定外の対応に困っていたところ、葬儀ディレクターの方のとっさの判断で。斎場外で焼香だけはできる焼香台を即、用意していただきました。プロの判断の的確さに感謝します。
葬儀から2週間が過ぎ、参列者全員の無事が確認できました。喪主として社会的責務は果たせたと、西村葬儀社の協力に感謝しています。
一点改善してほしいことがあるとすると、それは艶後の飲食の代わりに参列者に持ち帰ってもらった弁当のバリエーションの少なさです。5000円と1500円の持ち帰り弁当しかありませんでした。5000円では立派すぎて、残すと傷みやすい季節でもあり、高齢者や子供には不向きです。
参列者によって弁当の大きさに差をつけることもはばかられ、結果的には1500円の弁当にせざるを得ませんでした。もう少し立派な弁当を持ち帰ってほしかったと思っています。
  • お葬式マニュアル
  • 位牌・仏壇・墓石
  • 西村葬儀社(プラザヨコスカ)ブログ
  • 家族の想い 結
  • 横須賀冠婚葬祭互助会
  • 葬儀の心

24時間365日
無料相談

LINEで
無料相談